« 10/2/13-14 八ヶ岳  横岳西壁中山尾根 | トップページ | 10/2/28 越美山地  荒島岳しゃくなげ平(1204m) »

2010年2月22日 (月)

10/02/20-21 信州  大谷不動

 今シーズン、アイスクライミングの目標に大谷不動左岩壁右ルート(グレードⅥ-)を考えていた。気になる週末の天気予報は、弱い冬型ながら好天になるという。楽しみと不安が入り混じった気持ちで出発した。(注)左岩壁右ルートは、日が当たり出して上部から、落石、落氷(時折かなり大きい氷塊)がよく起こったので、要注意。 

メンバー  水本、林

使用装備   アックス(ペツルシャルレ・クオーク/リストバンドなし)、アイゼン(グリベル・ランボー3デュアルポイント)、靴(スカルパ・ファントムライト)、スクリュー9~10、8.2mm50mロープ2本、チェストハーネス、その他基本装備

交通 大野~丸岡IC~上越JC~須坂IC~峰の原で380km/峰の原IC~須坂IC~松本IC~安房峠トンネル~高山IC~白鳥IC~大野で295km

結果  本流 ノーテンション完登 / 左岩壁右ルート ノーテンション オンサイト完登

20日 

天気 晴れのちくもり(夜小雪)

ルート 本流(一ノ滝・二ノ滝・三ノ滝) 3級下 Ⅴ+ 

所要時間 3時間40分

P2200001とてもいい天気になった。

P2200003 今冬はじめてワカンを使用した。

P2200005本流F1。結氷甘く、登れない。右岸を高巻き。

P2200007 核心のF2。55m、Ⅴ+。水本リード。50mロープで登れないので、途中で一旦ピッチを切る。去年と形が随分違う。少しアップしてから登ろうかなと思いつつ、時間がないので、軽くストレッチして取り付く。この滝で、フォール或いは手こずるようなら、明日左岩壁ルートは止めようと思っていた。ちょうど傾斜が一番きつくなり、フォールすると危ない3つ目のスクリューを入れる時、取りだしたスクリューの刃が甘く入って行かない。違うのを取りだして、入れ直す。あっという間に、腕、ふくらはぎがパンパンになる。

P2200009 灌木でビレー。

P2200011F2上部のバーチカル部。水本リード。短いが、前半より傾斜が強い。

P2200012 F2は、結氷の具合で去年より難しく感じた。

P2200013F3。水本リード。右側から取り付くのが簡単そうだったが、正面を登り、途中で右上した。

P2200014 暖冬だった去年と違ったクライミングとなった。結構苦戦したので、明日は左岩壁止めようかと弱気になる。

21日

天気 くもりのち晴れ(-7.5℃)

ルート  左岩壁右ルート 75m 4級 Ⅵ-

所要時間 3時間20分

P2210018F1、40m Ⅵ-。ダメもと。やっぱり挑戦せず帰るのは悔いが残る。林は、トポを見てⅥ級課題に取り付くのかと、今さら騒ぎ出す。

P2210019 水本リード。登る時見上げると、更に切り立っていて気合が入る。心を落ち着かせ、ラインを見定めて取り付く。15mくらい登ったところで右アックスを振ると、不気味な音を立ててピックが突き刺さる。林も「アッ」と声を上げる。右寄りにラインを取ろうと思っていたが、氷の状態が悪そうなので、中央寄りに少しラインを修正する。幸い、中央部のツララを蹴り落とすとスタンスが拾えて、安定した体勢が取れた。気合の声を何度も張り上げながら、落ち口を乗り越す。ヤッター ! でも嬉しさより落ちずに登り切った安堵を感じながら、ビレー点を探す。

P2210020_2F2、35m Ⅴ+。水本リード。見た目はF1よりかなり簡単に感じたが、それでもバーチカル。バーチカル部で氷が詰まったスクリューを取り出してしまう凡ミスを犯して、セットに手間取り腕を酷使した。

P2210024 F2上は氷がなく、草付。氷化した土に、ピックを刺して登る。

P2210022_2 F2の上にあるF3。つながっていない。日が当たって、落氷が頻繁に起こっていた。最後は、落氷、落石に気をつけながら、懸垂下降。本流まで降りて、安心すると同時に、完登のうれしさがこみあげてきた。

|

« 10/2/13-14 八ヶ岳  横岳西壁中山尾根 | トップページ | 10/2/28 越美山地  荒島岳しゃくなげ平(1204m) »

Ice Climbing」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

後続パーティーの者です。温泉でもお会いしましたね。

左岩壁右ルート完登おめでとうございます!抜け口付近のがんばり、しびれました。

水本さんパーティーの写真がありましたのでよかったらご覧下さい。

http://picasaweb.google.co.jp/singh0211/oQGitE?authkey=Gv1sRgCMCf4fjQycDV-wE#5441379376890662450

投稿: sin | 2010年2月23日 (火) 19時15分

sinさん、コメントありがとうございます。そして、写真ありがとうございます!
また、お会いできますね。
sinさんの情報もよろしかったら、教えてください。

投稿: 水本 | 2010年2月24日 (水) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195559/33488048

この記事へのトラックバック一覧です: 10/02/20-21 信州  大谷不動:

« 10/2/13-14 八ヶ岳  横岳西壁中山尾根 | トップページ | 10/2/28 越美山地  荒島岳しゃくなげ平(1204m) »