« 10/3/20 瑞浪  屏風山 | トップページ | 10/3/27-28 奥三河  鳳来 »

2010年3月23日 (火)

10/3/22 八ヶ岳  阿弥陀岳北西稜

 週明け北アルプスに行きたかったが、天気が良さそうでないので翌週に延期。今年最後の課題だと思っていた阿弥陀岳北西稜に取り付いた。厳冬期でないので二日かけるのもどうかと思い、日帰り山行で挑戦した。

メンバー  水本、林

天気   快晴

使用装備  8.2mm50mロープ2本、アイスフック1個、カム2個、ハーケン1本、その他基本装備

行程   大野0:00~美濃戸5:00~北西稜取り付き7:00~樹林帯で小休憩~ボルトテラス10:00~摩利支天13:00~阿弥陀岳頂上小休憩~行者小屋14:30

P3220069 樹林帯を越えて、目指す岩峰が見えてきた。低気圧の通過後冬型になって、山は綺麗に雪化粧していた。

P3220070_2 ここでアンザイレンして進む。先行パーティも後続パーティもいない。嬉しい。

P3220072_2テラスまでのⅡ級のリッジは、時折岩角で簡易ビレーしながらコンテでぬけた。

P3220075テラスにて、なぜか余裕の林。

P3220076 1ピッチ目45m(Ⅲ)、水本リード。 残置支点が少ない。直登したり、トラバースしたりでルートファインディングに手間取った。カムとハーケンで支点を作りビレー。

P32200772ピッチ目35m(Ⅲ)、水本リード。整備されたビレーポイントがあった。

P3220080 3ピッチ目30m(Ⅳ A0) 水本リード。核心ピッチ。寝不足と土曜のフリークライミング疲れで、力が出ない。ガバと思われる岩にベルグラが張って、思い切り体を上げられない。結局、溝に張りついた氷にアックスを打ち込み、アイスクライミングの登りを交えながら何とか突破。

P32200834ピッチ目50m(Ⅱ)、林リード。登攀は3ピッチで終わったが、前方の岩がいやらしく見えたので、もう1ピッチ伸ばした。高みへ!青空に向かっていく姿が、とても絵になった。

P3220085摩利支天に立つ。今年冬、八ヶ岳の岩雪稜、 氷ルンゼルートを9ルート登った。各ルートそれぞれ、色んな味があってとてもよかった。新たなステップ目指して、また来年も来たいと思う。

|

« 10/3/20 瑞浪  屏風山 | トップページ | 10/3/27-28 奥三河  鳳来 »

冬期クライミング」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした~。


メールアドレスを記載したのでメールください~。

投稿: sin | 2010年3月29日 (月) 19時32分

了解です!

私のも載せときます。

mitsuhiko1010@ybb.ne.jp

投稿: ミズモト | 2010年3月29日 (月) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195559/33904249

この記事へのトラックバック一覧です: 10/3/22 八ヶ岳  阿弥陀岳北西稜:

« 10/3/20 瑞浪  屏風山 | トップページ | 10/3/27-28 奥三河  鳳来 »