« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

11/11/27 滋賀彦根  芹谷屏風岩

天気が思わしくなかったので、2週間振りの岩になった。今回は、総勢11名の大所帯で向かう。現地で屏風組と小屏風組に分かれた。今回から5.12の課題に復帰するべくs田さんが取り組んでいる「サースティ・ボディ 5.12c」にまぜてもらった。ポケットあり、ピンチあり、パームありのルートで面白い。RP目指して頑張ろう。

メンバー 越前市、鯖江市、福井市、勝山市、大野市から11名

結果 ゴーアウェイ 5.10b サースティ・ボディ 5.12c ブロークンフィンガー 5.11c/d

Securedownload1「サースティ・ボディ」リーチがかかっていたs田さん、きっちりまとめてRP! さすがです。おめでとうございます!!

Securedownload1_2o久保さん、久しぶりの芹谷でねばりのクライミング見せてもらいました。

みなさん、お疲れ様でした。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

11/11/12-13 近畿   雪彦山  

 10月の錫杖岳マルチピッチクライミングに続いて、今月もs田さんとマルチピッチクライミングに出かけた。雪彦山はお互い初めてのエリア。5.11台のマルチルートやトラッドルートに登りたくて選んだ。 岩場は町から近く、アプローチも短いので、気楽に取り組める。泊まりの準備が少なく済む貴重な場所だと思った。

メンバー s田(ベルグラ山の会)、水本

天気 12日 晴れ時々くもり  13日 くもり時々晴れ

結果 12日地蔵岳正面壁

Pb120077地蔵岳正面壁全体像。岩は逆層が特徴だ。

「上昇気流 5.11b 4P」

1P 5.10b s田 OS 直上して登り、終了点付近でセッピコ・ルネッサンスの右に移る

2P 5.10b 水本 OS スラブ

Pb120072壁の規模の割には高度感がある。

3P 5.11b s田 OS ルートの核心。すっきりしたフェース。抜け口が濡れて苔ていたのが残念。

4P 水本 ノープロテクションで簡単なカンテを登り終了点。ラインは3P終了点左手にあった。

下降 同ルート懸垂下降

「加古川~紅稜会ルート 3P 5.11b」

1P 5.10c s田 OS スラブ 上部はリングボルトでヌメッテいる。

2P 5.11b 水本 OS フェース~コーナークラック。ルートの核心。変化に富んだナイスピッチ。

Pb120074時期が時期だけに風が吹くと寒い。

3P 5.6 s田 フェース

下降 同ルート懸垂下降

Pb120078雪彦山手前にある雪彦温泉。入浴料700円はちょっと高い。

13日 三峰南東壁~不行岳南東壁

「ニッチモ 4p B&NP  5.10d」グレード以上に精神グレード高し。トラッドルートだと期待していたが、ボルトの補強にカムを使うといった形。カムを使う場所もちょっと無理やり感を感じた。

1p 5.10d s田 OS ルートの核心ピッチ。出だしが逆層の前衛壁で難しい。左上するので、落ちられない。

2p 5.6 水本 OS 濡れたランぺ。濡れて苔ていたので、登りたくないな~て感じ。

3p 5.10c s田 OS 途中のここを登ってくださいというフェースが核心。

4p 5.10a 水本 OS 岩が脆そうなピッチ。

「サッチモ 3p B&NP  5.10c」 このルートも精神グレード高し

1p 5.10b s田 OS 出だしがむずい。スラブ。

2p 5.10c 水本 ルートの核心ピッチ。核心のスラブ、ハングを超えた後、凡ミスでフォールしてしまった。

Pb130082

3p 5.6 s田 OS ノープロテクションのピッチだが問題なし。

下降 同ルート懸垂下降 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

11/11/3  滋賀彦根  芹谷屏風岩

前日まで仕事の都合で行けるかどうかわからなかったが、何とか岩場に行くことができた。日曜日から少し風邪気味だったので、しっかりトライできるか不安だったが、三日目でようやく「バイタルポイント 5.11c/d」をRP。指にまだ痛みはあるものの、ホールド持てるし、持久力もついてきたので、次回から5.12の課題に復帰しようと思う。

メンバー  y崎、s田、水本

天気  晴れのちくもり

ヒル状況  晴れていたが、小屏風の道中で刺されていたひとがいた。

結果  「バイタルポイント 5.11c/d (RP)」、「ダーティーフィンガー 5.11c/d」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »