« 11/12/23-25南ア 甲斐駒黄連谷左俣 | トップページ | 12/1/1-3  南ア  鋸岳第二高点中央稜中間ルンゼ »

2012年1月 3日 (火)

11/12/30-12/1/1 南ア  仙丈岳尾勝谷塩沢右俣

有名なクライマーお奨めのルートとはどんなルートだろう。自分たち福井の実力はどんなものだろう。そんな思いで、軽い装備で塩沢右俣に取りついた。パートナーはS田さん。30日は移動日にして、のんびり出発したのはいいが、出発して30分余りでオーバーパンツを忘れたのに気づき戻る羽目になった。それでも戸台に着いて時間があまったので、巨大堰堤まで下調べした。31日は4時過ぎに戸台大橋出発。真っ暗ななか、ここが塩沢の出合だろうということで、沢をつめる。途中で明るくなり、8時少し前に二俣出合に到着。テントは一張り。右俣入り口にも左俣入り口にもトレースがあったが、予定通り右俣に進むことにした。30分弱歩くと氷が現れアイゼン装着。どうやらまだ誰も入っていないようだ。氷の発達も考えると、今シーズン一番のりかもしれない。しばらくなめ滝をノーロープで詰めていくと二俣に出た。左に大きな滝。常識とトポでは何も考えずに左だが、時計の標高とコンパスの位置がいまいち合致しない。S田さんとなんだかんだやりとりして左に進むことに。全行程でここが一番迷った。その後交代でリードしながら、F10を超え稜線へと進む。F10後はそれまでよりも氷が連続で続いており、Ⅲ級程度の滝をロープなしでぐんぐん登った。かなり登ったところで、バーチカルな滝が3個ぐらい出てきたので、アンザイレンしてまたツルベで登る。もういいですと思った頃、氷も終わったが、夕暮れになってきたのと、小さいガス缶しか持ってきてなく氷が必要だったので、崩壊地付近でビバーク。平坦地が見つからず、横に倒れた木に足で踏ん張る形でツェルトビバークした。翌日明るくなってから、出発。1時間かからずに稜線に抜け、丹渓新道を使って南アルプス林道まで降りた。戸台の駐車場に午前11に着いたので、1時間休んで、次の目的地、鋸岳熊穴沢中間ルンゼに向け、出発した。

メンバー S田、水本

結果 二俣午前8時 F1ノーロープ。 F2 Mリード氷の状態悪く、結構難しかった。F3 Sリード 見た目は凄いが、階段状に氷が発達していて思ったより難しくない。 F4 ノーロープ。F5 Mリード シャワークライミング。ロープ凍って棒のようになる。F6~F9 ノーロープ。 F10 Sリード。核心ピッチ。S田さん余裕でトップアウト。午後3時半終了。なめ滝~Ⅲ級滝 ノーロープ。 上部バーチカル2個 Mリード 1個Sリード 午後5時前に行動終了。

装備  スクリュー11、8.2mm50mロープ2、35リッターザック、2人用ツェルト、寝袋、薄手のマット、NET110gガス缶、カートリッジ、鍋2、夕食1、朝食1、行動食1.5

P1010046なめ滝からスタート。

P1010047_2ビレー点から覗いたF3。近づくと思った以上に大きかった。

Pc310049_2F5。二段で90度曲がって登る。

Pc310051F10。大谷不動の滝みたいだ。

Pc310052_2F10から先。なめが長く、ノーロープで進んだので、失敗は許されない。

Pc310053_2この滝が最後。この先は崩壊地になっていたので、左の樹林帯を登って稜線に出た。

 

|

« 11/12/23-25南ア 甲斐駒黄連谷左俣 | トップページ | 12/1/1-3  南ア  鋸岳第二高点中央稜中間ルンゼ »

Ice Climbing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195559/43610164

この記事へのトラックバック一覧です: 11/12/30-12/1/1 南ア  仙丈岳尾勝谷塩沢右俣:

« 11/12/23-25南ア 甲斐駒黄連谷左俣 | トップページ | 12/1/1-3  南ア  鋸岳第二高点中央稜中間ルンゼ »