« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

12/2/28 越美山地  荒島岳ヒメマチ稜

経ヶ岳の雪壁ルートを開拓したかったが、パートナーに仕事が入ったため、急きょ単独でヒメマチ稜を登ることに変更した。7年ぶりのヒメマチ稜だ。前回は3月中旬で雪もグザグザだったが、今日は締まった雪の上ににうっすら雪が乗った最高のコンディションだ。前回は、最初の藪壁と鎌の尾が印象的だったが、今日はヒメマチ稜が印象的だった。時期、コンディションが変われば、印象も随分変わるんだと実感した。次はラッセルまみれの時期に登りたい。

6時駐車場発。10時40分山頂。

P2280006
小ワサビ谷を下りる。ワサビ滝はこの時期でも水が流れていた。滝つぼに嵌らないか心配しながら下りた。

P2280008_2横谷に下り立ち、さあどこを登ろうか。前回の記憶はない。岩壁の右側にルンゼがありそうなので向かう。ラビネンツークらしく、雪が流され、滑り台のような斜面が上へと伸びている。カチンコチンの斜面をシングルアックスで登る。上部では、ロープ欲しいなと少し思った。

P2280009_2ヒメマチ稜のこの辺りがナイフエッジ部もあり、雪庇も出ていてドキドキした。

P2280011_2鎌の尾も過ぎ、登攀終了。雪庇結構出ていた。

P2280012_2越美山地。最高峰が能郷白山の1600m台と低山山地だが、山深い。

P2280015
山頂付近。風が強く、雪の波が美しい。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/2/26 愛知  豊田天下峰

h川さんと家族で豊田へ。現地でK下ご夫妻と合流した。色んな岩場で見かける方々いっぱいの天下峰だった。 瑞浪に比べ暖かく、赤ちゃんにやさしい岩場だ。宿題は登れたが、新たな課題も。これだからクライミングは止められない。

結果 ルート36 B5.9(OS)、祝浪人 B5.10(OS)、月下美人 B5.12a(RP)、北北西 B5.11b

P2260001夏生君(6ヶ月)、そうた君(8ヶ月)ご対面。

P2260012ヤッホー! 「祝浪人」h川さん。2か月ぶりのクライミングを感じさせない登りだった。

P2260023「北北西」俺。面白いルートがいっぱいだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

2/22 Fight Flight

クライミング競技大会や野外クライミングはもちろん、登山(雪山、山スキー、沢登り、一般登山)においてもクライミング能力は欠かせない。そのための基礎練習場や能力向上の練習場がほしかった。閑散期の合間を縫い、福井山岳会のM田さんの協力をえて、横3.6m縦3.6mのボルダリングウオールを作った。 傾斜が120度なので、はじめてクライミングをする人には少し敷居が高いが、登っていれば一番楽しめる斜度である。 ウオールを公開しようと思っているので、近隣にお住まいで興味のある方利用してください。ウオールの他、スラックラインやセルフレスキュー練習場など作ります。 場所は大野市ふれあい公園南側森永電機倉庫内。利用料1時間100円。月会員(7時~22時いつでも)1500円。鍵は自宅に常時置いておきます。 今後資金が貯まれば、初心者や子供が楽しめる壁やもっと傾斜の強い壁やルーフを作りたいと思っています。連絡先は:mitsuhiko1010@ezweb.ne.jpまたは090-2036-3421

Securedownload1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

12/2/20-21 頸城戸隠 九頭龍山東稜  

去年から次の課題に挙げていた雪稜。富山のW田さんと取り組む。 1時間程うとうとして富山に出発。午前3時に合流して戸隠に向かった。 今年は去年と比べても2倍近い積雪だ。苦戦が予想される。 6時半にキャンプ場を出発して10時に取付きに到着。7時間あれば、今日の目標地点まで行けるだろうと登攀開始。W田さん、1ピッチ目を登る。フォローで登ったが、弱点を突いた良いラインだった。寝不足が原因か、フォローで登ってもパンプする。その後ツルベで登るが、雪の処理に手間取り、なかなか前へ進まない。4ピッチ登った時点で15時50分になってしまった。岩の上に巨大なキノコ雪が立ちはだかっている。正面突破だと、いつ抜けられるかわからない位の難易さだ。過去の記録では右に回り込むと、藪壁があるらしいが、キノコ雪が見えるのみ。 ここでテント張って、明日続けたいが、テント適地ではない。前に進むにも、時間から見てやめた方がいい。 結局二人で納得して敗退を決意。3回懸垂下降して取りつき点に戻る。 帰り、W田さんと富山で別れ、節約のため下道で家へと向かうが、石川県に入ったところで深夜0時になる。うとうと1時間寝ただけで、もう24時間が経ってしまった。 もしもしピットで車を止め、窮屈さと寒さを感じながらも8時間車に横たわった。 家に帰ると、やっぱり取りつき点で一泊して、もう一日悪あがきしてもよかったのではと考えてしまう。雪は去年より圧倒的に多かったものの、雪の締りは去年よりよかった。 雪山登山。一つの山行で人生を感じる。俺は山ヤでありたい。またリベンジするぞ。

メンバー 和田、水本

結果 ピナクル手前のキノコ雪まで4ピッチ。 1ピッチ目和田。草付きを登り、キノコ雪が切れた岩壁のカンテを登る。 2ピッチ目水本。正面の稜線に戻り、キノコ雪を崩して、段差手前まで。 3ピッチ目和田。段差を越え、キノコ雪を避け、右に回り込んで、ピッチを切る。4ピッチ目水本。正面からキノコ雪を三つ四つ乗り越え、岩段差の巨大キノコ雪まで。

P2200002_2今年もキノコ雪の雪稜に戻ってきた。

P2200003右を見ると、若干傾斜が緩いが、1時間やそこらでは雪崩せない。藪壁もなし。

P2200004正面突破はため息が出るのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

12/2/16 瑞浪  屏風山

福井山岳会のt木さんと家族で瑞浪に行ってきた。天気予報が外れ、午前中は太陽が出ず寒かった。山岳会っぽく、一つのルートに固執せず、色んなルートを触った。山ヤのt木さんを見ていると、フリークライミングはルールに縛られすぎて(スポーツになりすぎて)いると感じる。 子供連れのクライミングに同席してくれt木さんに感謝。

結果 ロンパールーム B5.9、秀則コーナー 5.9(TR)、エースをねらえ NP5.10b、H君のフェース 5.12a(RP)

Securedownload1_2そうた君、瑞浪初参加。岩にも触ったね。昼から太陽が出て、ポカポカのテントの中で、そうた君の添い寝をしてまどろんだ。

Securedownload2_3カズミ、一年ぶりぐらいの外岩リードクライミング。最近インドアもやっているだけあって、スラブ、クラック、フェースを4本こなせた。

P2160015_01T木さんもスラブ、クラック、フェースを4本クリア。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/15 加越山地  杓子岳

午前中時間が取れてので、雪山山行前の足慣らしにラッセルしてきた。週末のトレースが残っていて、途中まで快適に進んだが、保月山手前から風と雪でトレースが消え、ひざあたりまでのラッセルをした。杓子岳までは届かなかった。

Securedownload2雪が多く、どこが保月山ピークかわからないほどだった。

Securedownload1馬の背の雪庇はかなりモンスターだった。ここでワカンを外して、つぼ足で通過した。上部の稜線を少し進んで引き返した。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

12/2/11-12山岳競技運営員認定研修

福井国体が6年後に開かれる。山の先輩に誘われ、、、、、参加した。

国体種目の中で、山岳競技(クライミング)の位置づけは最下位に近いらしく、今後種目が増えると、隔年開催になる。本来人里離れた場所で展開された雪山登攀やロッククライミングをギャラリーの前でスポーツ化するのは、難しいのかな。雪山山行もロッククライミングもコンペも一律発展していってほしい。

Securedownload1D道女士と一緒に研修受けた。時々目つむっていたけど、講義聞いていたのかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

12/2/5 瑞浪  屏風山

 福井組に参加させてもらい、瑞浪へ。前回宿題になっていた「H君のフェイス 5.12a」に5回トライするも、ムーヴの完成度が低く、あと一手でRP逃した。よれよれで封印していた「新人クラック NP5.9」に取りついたが、今回も登れず、、、

結果 H君のフェイス5.12a 新人クラック NP5.9

P2050001_01午後から、浜松のM野さん達と取り組んだ。↑オンサイトトライ中のT中さん。上手い人だなと思ったら、kambaさんと鳳来の「メタフォース 5.14c」取り組んでいた方だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »