« 第4級無線技士 | トップページ | 13/5/3 鈴鹿  御在所中尾根 »

2013年5月 4日 (土)

13/4/27-29 北ア  剱岳小窓尾根

P4280021

年末年始の山行で敗退した小窓尾根。後続パーティーの遭難で、ずっとこの尾根が頭から離れない。正月以来の山行で、小窓尾根に行ってきた。小窓尾根取付きで手を合わせ入山。

メンバー f田、s田、水本

4/27 雪 馬場島~小窓尾根2100m

4/28 晴れ時々くもり 小窓尾根2100m~小窓ノ頭~三ノ窓

4/29 くもりのち晴れ 三ノ窓~剱岳山頂~早月尾根~馬場島

P4270003_4ゴールデンウィークだと言うのに、馬場島で薄っすら雪化粧。

P4270008_2年末年始苦労した渡渉も、雪崩で埋まり簡単に渡れた。

P4270009_5午前中で止むかと思ったが、雪が降り続いた。

P42700112000mを越える頃には、新雪が50㎝あった。愛媛のパーティーと代わる代わるラッセルをして進む。

P4270014_2良いところにテン場があった。夕方になり、雪も止む。

P4280022翌朝は晴天の中、核心を越えた。晴天だが、一日冬に準じる格好だった。

P4280023
雪崩を心配していた小窓ノ王基部。雪の状態はやっぱり悪い。

P4280026二日目のテン場。

P4290027三日目は朝焼けからスタート。池ノ谷ガリーを登り終える頃には、早くも天気が曇ってきた。

P4290028ガリー、稜線はクラストしていて、慎重に進む。次第に風が強まり、頂上から早月尾根下降では、サングラスしていないと前が見えなかった。

P4290030
早月尾根も慎重に下り、小屋に到着。天気も良くなり、春らしい天気のもと下山した。年末年始突っ込んでいたら、どうだっただろうと思いつつ帰途につく。よめさんと子供を見によめさんの実家に寄った。義父から「剱に行ってたんか。雪崩れに遭わんでよかったの。命はひとつしかないさけー、気をつけねの」と言われたが、ほんとだと思った。

|

« 第4級無線技士 | トップページ | 13/5/3 鈴鹿  御在所中尾根 »

雪山山行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195559/51490709

この記事へのトラックバック一覧です: 13/4/27-29 北ア  剱岳小窓尾根:

« 第4級無線技士 | トップページ | 13/5/3 鈴鹿  御在所中尾根 »