« 14/3/9 飛騨荘川  Ice Face | トップページ | 14/4/12-13 北ア 不帰嶮1峰尾根~唐松岳   »

2014年3月18日 (火)

14/3/16 北ア 唐松岳八方尾根

1月に2度唐松登山に出かけ、2度とも強風のため敗退している。1度はテントを飛ばされている思い出深い山だ。厳冬期ではないが、カラマツは3度目のトライに、会の仲間二人と出かけた。当日天気は良くない予想だったが、中心気圧が1010hpaとあまり発達していず、強い寒波も降りてきていないので、登頂できると踏み予定を変えなかった。 白馬に着くと既に山頂は雲の中だった。7:30ゴンドラ乗車。標高1400mのゴンドラ終点から登山開始。風雪のため登山を諦める登山パーティにすれ違うこと10回以上。結局丸山ケルンを最後に私たちパーティーだけが進むことになる。稜線までは、風が強く視界が50m程度しかなかったが、時折視界も開けるし、十分行動できる範囲と考え前に進んだ。稜線に出ると凄まじい風が迎えてくれる。視界は10m程度だが、吹きさらしの風で夏道が露出していることもあり、予定通り先に進む。鞍部を越え、登り返して2640mまで来たとき、完全な雪道になった。視界は3m。どこを歩いているのかさっぱりわからない。完全なホワイトアウトだ。登頂することは出来るが、標高差50mをコンパス頼りに正確に戻れる自信がない。日帰り山行でこれ以上のことはできない。泊まり山行だって、行動を中止するレベルだ。しばらく待ったが、一瞬も視界は開けない。あと少しを残し撤退。13:00。何度も何度も耐風姿勢を取りながら下山した。視界の悪い中、八方尾根を下山するのは、簡単ではない。コンパスをフル活用しながら、ようやく八方池まで降りてきた。もう安心かなと思っている時、強い突風がきた。耐風姿勢をとる。風が収まり振り返り仲間を確認する。女性の仲間がいない。もう一人の仲間に訊いてもしらないという。まさかと崖下を覗くと、何事もなかった足取りで、アイゼン、アックスを利かせ登り返している。風で飛ばされ、70、80m滑落していた。重い新雪がブレーキになって、止まったようだった。 スキー場に着くと当然ながらリフトは止まっていた。過去2回と全く同じ風景だった。滑落停止の練習をしながらゴンドラ駅の終点まで行く。ゴンドラも止まっていたが、往復チケットどうすればいいですかと尋ねたら、動かしてくれ下山。17:00に第3無料駐車場に戻った。

*帰って天気図を調べたが、風で飛ばされた14:30頃寒冷前線が信州北部に最接近していた。16日9時の850hpa、700hpaの高層天気図を見ると、輪島上空で風力6程度だった。昼過ぎは、もっと強風が吹いていたと思われる。

*突風に気を付けなければいけないことを、身をもって体験した。

Ca3k0349_2

八方池山荘までは、春の日差しで暑いくらいだった。

140316_113001

丸山ケルン。ここから先は、我々3人だけになった。

140316_122702

稜線にでると、物凄い風が出迎えてくれた。

|

« 14/3/9 飛騨荘川  Ice Face | トップページ | 14/4/12-13 北ア 不帰嶮1峰尾根~唐松岳   »

雪山山行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195559/55420654

この記事へのトラックバック一覧です: 14/3/16 北ア 唐松岳八方尾根:

« 14/3/9 飛騨荘川  Ice Face | トップページ | 14/4/12-13 北ア 不帰嶮1峰尾根~唐松岳   »