« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月18日 (火)

14/3/16 北ア 唐松岳八方尾根

1月に2度唐松登山に出かけ、2度とも強風のため敗退している。1度はテントを飛ばされている思い出深い山だ。厳冬期ではないが、カラマツは3度目のトライに、会の仲間二人と出かけた。当日天気は良くない予想だったが、中心気圧が1010hpaとあまり発達していず、強い寒波も降りてきていないので、登頂できると踏み予定を変えなかった。 白馬に着くと既に山頂は雲の中だった。7:30ゴンドラ乗車。標高1400mのゴンドラ終点から登山開始。風雪のため登山を諦める登山パーティにすれ違うこと10回以上。結局丸山ケルンを最後に私たちパーティーだけが進むことになる。稜線までは、風が強く視界が50m程度しかなかったが、時折視界も開けるし、十分行動できる範囲と考え前に進んだ。稜線に出ると凄まじい風が迎えてくれる。視界は10m程度だが、吹きさらしの風で夏道が露出していることもあり、予定通り先に進む。鞍部を越え、登り返して2640mまで来たとき、完全な雪道になった。視界は3m。どこを歩いているのかさっぱりわからない。完全なホワイトアウトだ。登頂することは出来るが、標高差50mをコンパス頼りに正確に戻れる自信がない。日帰り山行でこれ以上のことはできない。泊まり山行だって、行動を中止するレベルだ。しばらく待ったが、一瞬も視界は開けない。あと少しを残し撤退。13:00。何度も何度も耐風姿勢を取りながら下山した。視界の悪い中、八方尾根を下山するのは、簡単ではない。コンパスをフル活用しながら、ようやく八方池まで降りてきた。もう安心かなと思っている時、強い突風がきた。耐風姿勢をとる。風が収まり振り返り仲間を確認する。女性の仲間がいない。もう一人の仲間に訊いてもしらないという。まさかと崖下を覗くと、何事もなかった足取りで、アイゼン、アックスを利かせ登り返している。風で飛ばされ、70、80m滑落していた。重い新雪がブレーキになって、止まったようだった。 スキー場に着くと当然ながらリフトは止まっていた。過去2回と全く同じ風景だった。滑落停止の練習をしながらゴンドラ駅の終点まで行く。ゴンドラも止まっていたが、往復チケットどうすればいいですかと尋ねたら、動かしてくれ下山。17:00に第3無料駐車場に戻った。

*帰って天気図を調べたが、風で飛ばされた14:30頃寒冷前線が信州北部に最接近していた。16日9時の850hpa、700hpaの高層天気図を見ると、輪島上空で風力6程度だった。昼過ぎは、もっと強風が吹いていたと思われる。

*突風に気を付けなければいけないことを、身をもって体験した。

Ca3k0349_2

八方池山荘までは、春の日差しで暑いくらいだった。

140316_113001

丸山ケルン。ここから先は、我々3人だけになった。

140316_122702

稜線にでると、物凄い風が出迎えてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

14/3/9 飛騨荘川  Ice Face

嫁さんがかねてから行きたがっていた氷の人口壁に行ってきた。家から下道で1時間半程度の距離で、アイスクライミングが出来るとは夢のような話。登るにつれ、徐々にアイスクライミングの動きを思い出す。5時間ほど登り、腕も程よい疲労感を感じた。来年機会あれば、また来たいな。

P3090033_2

トップロープ専用の人口壁なので、先ずはロープをセットしに行く。京都ガイドパーティと大阪パーティとご一緒だった。お互い、ロープを譲りあいながら、4ルート設置。この規模なので、3、4パーティが限度かな。

P3090035

2面あった。

P3090042

嫁さんが提案してくれなかったら、行くことなかったかもしれないけど、行ってみれば、練習にもなり楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

14/3/2 越美山地 荒島岳大わさび右稜

10年程前、手前の尾根に取りついて登り逃した尾根を、会のフレッシュメンバーと登った。期待していた朝の冷え込みもなく、上空の冷気との温度差で発生した靄が立ち込める中、尾根の末端に下りていく。靄がひどかったが、時折靄が晴れて、無事取付き口に到着。アイゼンなしでも登られる雪質だったが、念のためアイゼンを装着して登攀開始。1100m付近の雪壁からバリエーションぽい尾根に変わり、1200m付近からは痩せ尾根も出てきた。ヒメマチ稜ほど変化に富んでいないが、荒島岳のバリエーションルートとしてお奨めできる。

P3020001_2

雪が割れやすいところは、雪に圧がかからないよう四つ足歩行。

P3020002_2

 尾根末端の急斜面から取りつく。わさび滝を下りて回り込めば、もっと楽に尾根に取りつけた。

P3020004

ここからスタート。

P3020006

少し登ると尾根が痩せてくる。

P3020010

1100m付近の雪壁。雪崩れた後の少し硬くなったところを狙って登っていく。

P3020020

1200m付近を越えると、両側切れたところが出てくる。

P3020022

バリエーションらしい尾根が続く。

P3020030

最後の急登。

P3020031

頂上は雲の上で、青空だった。昼になっても雲海が見えるのは、珍しい気がする。下山途中、滑落停止の練習をした。僕は2度仰向け状態での滑落を見ているので、背中から転んで滑落停止の練習をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »