« 18/7/21-22 新潟県妙高市 北信越国民体育大会山岳競技 | トップページ

2018年8月16日 (木)

18/8/13-14 奥秩父 小川山

岩場に行くのは3か月ぶり。危険な場所に行くわけではないので、緊張する必要はないのだが、なぜだか夜寝むれず、朝3時出発する。高山まで110キロ程度で1時間半強で通り過ぎる。いつも通っている岩場は、遠いんだなと思う。平湯に向かうと、薄暗いながら、北アルプスが見える。「福井の山もいいけど、やっぱりここに来ないとだめだな」と思いながら、運転する。この時期に、エアコンつけずに済む山岳ロードは心地よい。松本で運転変わってもらった。

テントを張り、朝食を済ませて岩場に向かう。今回目当ての妹岩、リバーサイドは、岩が濡れていて乾きそうにない。ここまでで汗だくだったけど、八幡沢スラブ岩壁に転進。登りたかった「水曜日のシンデレラ」に心を奪われた。二日目は、無難に朝から渡渉せず、八幡沢左岸スラブに向かう。ここで3本登り、今回一番登ってみたかった妹岩の「イエロークラッシュ」に取りつく。人気ルートだが、誰もいない。2ピンまで簡単だが、徐々に難しくなる。核心は、5ピン目手前。次回は、RP目指したい。 今回もスラブやカムを使ったルートに登られて、とても満足した。

第1日:「小川山ショートストーリー」5.9B5(OS)、「水曜日のシンデレラ」5.11a B9 NP2

第2日:「トムといっしょ」5.10a B5、「ジャーマンスープレックス」5.10c B5×2、「イエヨークラッシュ」5.12a B5、「カシオペア軌道1ピッチ」5.10b B2 NP2

|

« 18/7/21-22 新潟県妙高市 北信越国民体育大会山岳競技 | トップページ

climbing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195559/74045872

この記事へのトラックバック一覧です: 18/8/13-14 奥秩父 小川山:

« 18/7/21-22 新潟県妙高市 北信越国民体育大会山岳競技 | トップページ