« 18/12/22 JAM静岡 THE NORTH FACE CUP 2019予選  | トップページ | 18/2/29-19/1/2 猪苗代&いわき    猪苗代スキー&青葉の岩場 »

2019年1月14日 (月)

19/1/13 北アルプス 西尾地尾根

福井山岳会の雪山訓練を引き受け、日本登山大系に初心者でも行けるとある尾根に向かった。メンバーは、登山初心者も含め6名。

P1130217
3時頃大野を出発し、途中2度休憩をして、槍見の駐車場を出たのは6時50分。

P1130218

1150m踊場で西尾地尾根に取りつく。雪は少な目。錫杖に向かっているクライマーの踏み跡とは、ここでお別れ。

P1130219
100m位高度を上げたところで、ワカンを履きラッセル。浅い尾根をそのままたどると、かなり上部で主稜線にでそうなので、途中で大きくトラバースする。

P1130221
主稜線手前の急斜面。1515m位で主稜線に出る。その後藪の濃い細尾根を右に巻き気味に進む。

P1130223
吹き溜まりは、かなり深いラッセルとなる。ここまで、登ったり下ったりで、なかなか高度が上がらない。

P1130225
この尾根は、登り方によって難易度が大きく変わる。

P1130227

岩壁帯の弱点を縫ってまた細い尾根に出た。時計の高度計は1660m。時刻は13時30分。14時までは、登り続けたかったけど、ここから先しばらくは、両側とも切れ落ちていて、落ちたら致命傷になる細尾根。藪がかなり出ているので、それにつかまりながらなら、行けそうな気もする。メンバーには、登山初心者もいる。最後尾のメンバーが上がってきて、細尾根に立ち、一言。「この先は無理や」。途中撤退して、後悔のない山行など、一度もない。もう少し行くべきか、葛藤するが、「今回は雪山訓練。無理は絶対したらあかん。」、気持ちを落ち着かせ、撤退を決意。

P1130228
懸垂下降が初めての人や久しぶりの人がほとんど。帰って、地図と照合すると、撤退は1600m付近だったのではと思う。この先の尾根、機会があれば、また登ってみたい。

PS:この尾根は、尾根の左側をずっと歩いていけば、終始ラッセルで頂上まで行けそう。バリエーションになるかならないかは、登り方次第。

|

« 18/12/22 JAM静岡 THE NORTH FACE CUP 2019予選  | トップページ | 18/2/29-19/1/2 猪苗代&いわき    猪苗代スキー&青葉の岩場 »

雪山山行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195559/74944334

この記事へのトラックバック一覧です: 19/1/13 北アルプス 西尾地尾根:

« 18/12/22 JAM静岡 THE NORTH FACE CUP 2019予選  | トップページ | 18/2/29-19/1/2 猪苗代&いわき    猪苗代スキー&青葉の岩場 »