free climbing

2019年1月18日 (金)

18/2/29-19/1/2 猪苗代&いわき    猪苗代スキー&青葉の岩場

去年、四国の日和佐の岩場に行き、そうた君が退屈そうに感じた。今年は、そうた君の好きなスキーとクライミングと思い、福島県に出向いた。北陸道から磐越道に移り、会津地方で高速を降りる。屋根の構造が、福井と違う。

Pc290006
日本の都道府県で3番目に大きい福島県をくまなく観光するのは、難しい。ポイントを絞り、先ずは喜多方市の観光から。

Pc290008
チェーン店の喜多方ラーメンも、少し薄味だけど、本場も薄味だった。でも美味しい。

Pc290013
あまりお腹が空いていなかったので、3人で二つ注文。

Pc290016
次に行ったのは、大内宿。新潟に近くなる分、雪が多く寒い。

Pc290018

茅葺の家が立ち並ぶ。お土産店は、食べ物ばかりで、ほとんどが店じまいしていた。

Pc290020
高台からの大内宿。

Pc290023_2

会津若松鶴ヶ城も駆け足で覗いてきた。

Dsc_0527_2
猪苗代町のはやま温泉民宿やまき屋に居を構え、二日目からスキー開始。

先ずは、「猪苗代スキー場」。午前中は、天気良く、雪質も最高。午後から吹雪いて寒かった。

Dsc_0537

民宿の温泉で身も心も温まり、次の日は「アルツ磐梯スキー場」。今時のスキー場で、とてもいいスキー場。頂上から見る磐梯山と猪苗代湖の風景は雄大そのもの。

Pc310026

沖縄には、ご当地品がたくさんあったけど、東北にもあった。

P1010027
民宿の朝ごはん。

Dsc_0548

夕ご飯。美味しくて、正月で、2キロ太った。

Dsc_0550
食堂の正月。

Dsc_0544
元日は、近くの土津神社に行った。

1546339440673
今回、観光、スキー、クライミングと欲張りすぎて、肝心のトポ図を家に忘れるという痛恨のミスをおかす。ネット情報で何とか青葉の岩場に到着。なんと素晴らしい岩場だろう。瑞浪や豊田の岩場より暖かい。

P1010031_2
地元の方に、色々教えてもらいながら、登る。3人で回しているとあまり登れません。民宿の夕食もあるし。一日目僕は、トポにない新しいルート5.10a(OS)、「バラ色のエアメール」5.11b、「野獣死す」5.12aに取りついた。

1547810608284
5日間お世話になった民宿「やまき屋」。若奥さんが見送ってくれた。また猪苗代を訪れるとき、来ます。

P1010035
翌日も青葉の岩場でクライミング。ここの岩場は、「フイエスタの谷」という山岳会が岩場を手入れしてくれていて、ルートの足元には、ルート名まで張り付けてある親切さ。特にNさんが、親切にしてくれました。この日僕は、「ゴリラ」5.10b(OS)、「スーパー爺っち」5.12a×2、「無星」5.10d(OS)、「両手にヘビ」(回収)。岩場の印象は、短いけど好ルートが多く、初中級者にお勧めです。100岩場の紹介は、嘘ではなく、東北なのに、陽を浴びていると、四国の日和佐の岩場より暖かいくらいです。アプローチも、簡単でした。陽だまりエリアだけは、どこにあるのかわかりませんでした。

Dsc_0552_2
岩場は15時に切り上げ、そうた君楽しみにしていたハワイアンズに直行。

P1020037
子供とスライダーやプールで遊び、夕食、場内の温泉を済ませると夜の9時。グーグルで検索すると、やはり新潟廻りで7時間。「着くの朝4時やが」、途中石川で睡魔に襲われながら、結局ノンストップで福井まで帰った。 今回の福島県の小旅行で、「磐越道の磐って何」から始まり、陸奥の国、畿内7道など、歴史問題まで関心が移った。 福島最高!









| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

18/11/3 恵那  笠置山

福井国体も終わり、ようやく岩場に行ける時間も作れた。今回、プレジャーロックには5.10台がないので、ナバホ岩と絡めようと歩いたが、結構迷った。結局、プレジャーロックから見えるほど近くにあり、がっくり。落とせるだろうと思ったカンパーニュを落とせなかったところが、今の自分の実力だろう。

ルート:「チョコクロワッサン」5.9、「ランニングムーン」5.10b、「イグニンブライト」5.11a、「カンパーニュ」5.11d×2

Dsc_0511_2
そうた君、久しぶりの岩に戸惑う。2度目からは、上手になった。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

18/8/13-14 奥秩父 小川山

岩場に行くのは3か月ぶり。危険な場所に行くわけではないので、緊張する必要はないのだが、なぜだか夜寝むれず、朝3時出発する。高山まで110キロ程度で1時間半強で通り過ぎる。いつも通っている岩場は、遠いんだなと思う。平湯に向かうと、薄暗いながら、北アルプスが見える。「福井の山もいいけど、やっぱりここに来ないとだめだな」と思いながら、運転する。この時期に、エアコンつけずに済む山岳ロードは心地よい。松本で運転変わってもらった。

テントを張り、朝食を済ませて岩場に向かう。今回目当ての妹岩、リバーサイドは、岩が濡れていて乾きそうにない。ここまでで汗だくだったけど、八幡沢スラブ岩壁に転進。登りたかった「水曜日のシンデレラ」に心を奪われた。二日目は、無難に朝から渡渉せず、八幡沢左岸スラブに向かう。ここで3本登り、今回一番登ってみたかった妹岩の「イエロークラッシュ」に取りつく。人気ルートだが、誰もいない。2ピンまで簡単だが、徐々に難しくなる。核心は、5ピン目手前。次回は、RP目指したい。 今回もスラブやカムを使ったルートに登られて、とても満足した。

第1日:「小川山ショートストーリー」5.9B5(OS)、「水曜日のシンデレラ」5.11a B9 NP2

第2日:「トムといっしょ」5.10a B5、「ジャーマンスープレックス」5.10c B5×2、「イエヨークラッシュ」5.12a B5、「カシオペア軌道1ピッチ」5.10b B2 NP2

P8150182
当たり前だけど、俺に似てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

18/5/3-6 秩父 二子山

長年行ってみたかった二子山に行ってきた。登りこみ不足で、ろくなクライミング出来なかったけど、スケールの大きい岩場を触れられ、行って良かったと思う。滞在した群馬県上野村の「まほーばの森キャンプ場」も、静かでとても良かった。 滞在後半知ったのだけれど、日航機墜落現場の御巣鷹山がすぐ近くにあった。

3日 蓼科アミューズメント水族館 4日 フォレストアドベンチャー上野、スカイブリッジ、不二洞、弓状エリア 「悪魔のエチュード」5.10a(OS) 5日 祠エリア 「話がピーマン」5.10a(OS)、「アルケオロジー」5.10b(OS )、「SSS」5.12a、「シリアル」5.10d 6日 祠エリア 「話がピーマン」5.10a、「MOON」5.11c/d、「ウオームアップ」5.11a

P5040098_01

朝食は毎日、キャンプ内の施設で摂った。おいしい。

P5040104
キャンプ場内にある「フォレストアドベンチャー上野」は、楽しかった。

P5040114
後ろに僕たちのテント。

P5040156
とても静かで、快適だけど、夜は風が強かった。

P5040157
スカイブリッジ観光

P5040161_01
不二洞観光

P5040164_01
日本一被った5.10a「悪魔のエチュード」。こんな岩場が近くにあればなぁ

P5050169
やさしいルートがない中、そうた君が取り組んだ「話がピーマン」















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月30日 (月)

18/4/29 恵那 笠置山プレジャーロック

正月以来に岩場に行けた。今回は、楽しみにしていた猪まちエリアでのリードクライミング。一日貸し切りで、静かなクライミングが楽しめた。

sさん、「ヒミカ」が、「カンパーニュ」より難しく、ランジ(11a?)以外ムーヴわかりませんでした。

ルート:「チョコクロワッサン」 5.9(OS)、「ヒミカ」5.11a、「キャットパワー」5.11a×2(RP)、「カンパーニュ」5.11d

P4290088

トップロープながら、グレード5.9をトップアウトできるようになった。教えていない登りもでき、大進歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

17/12/29-18/1/1 徳島 日和佐

Pc300038
クライマーSさん「MATRIX」

カッコいいドームの岩。面白いルート群。親切にしてくれた開拓者カップル。5年以上も名前覚えてくれたクライマー。旅情気分も相まって、最高のクライミングトリップになった。元日に行った「海中観光船ブルーマリン」もとってもよかった。徳島最高!

PS:Tさん、Yさん、岩場までの案内からルートの紹介、また徳島の観光案内までしてくれて、ありがとうございました。おかげで、思い出深い正月になりました。また、どこかでお会いしたいと思います。
29日 「フィッシュダンス」5.10a(mOS)、「サウダージ」5.12b/c×2、薬王寺温泉、ビジネスホテルケアンズ
30日 「潮騒のエクスタシー」5.10b(OS) 、「カノープス」5.10b(mOS)、「サウダージ」5.12b/c×2、「ラビリンス」5.10d(mOS)、薬王寺温泉、ケアンズ
31日 日和佐散策、阿南市散策、薬王寺参拝、エビス洞温泉、ケアンズ
1日 竹ノ島海中観光船ブルーマリン、海洋自然博物館マリンジャム、室戸岬散策、土佐郷土料理まんぼう、日和佐うみがめ博物館カレッタ、ケアンズ

Pc290001

バックは、大浜海岸。

Pc300033

「カノープス」3本目まで進めた。

Pc310053
31日は、そうた君の好きな所に出かけた。帰り、楽しみにしていた薬王寺を参る。

P1090017
自分のお土産に、「心がまあるくなる禅語カレンダー」を購入した。数年前、小豆島のお寺も参ったが、四国霊場巡りをする人の気持ちがわかった。

Dsc_0218_01

元日は、ブルーマリン号でサンゴ礁と熱帯魚を観に行った。今回の小旅行で一番よかった。

Dsc_0197
水族館もいいけど、自然がいい。

Dsc_0230

室戸岬近くの土佐料理店で昼食をとった。

Dsc_0234

締めはウミガメ博物館へ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

17/12/10 彦根 芹谷屏風岩

週中、山祭り後の懇親会で、毎年の如く体調を崩し、仕事の現場も連日の雪。でも、週末芹谷は登れそう。カミさんも2週連続は億劫そう。行かない理由がない!と自分に言い聞かせ、芹に向かう。カミさんは、先週グランドした「チキンボーン」を1トライ目でRP。僕が力任せで登った核心を、スラブ沿いにうまく処理。勉強になりました。僕の目当ての「ミステリアス」。やっと下部ボルダーセクションをノーテンションでクリア。3ピンまで進めたが、その後の地味なムーヴセクションがつらい。後は、持久力と足遣いを高めれば、見えてくる。そうたくんは、「木枯らし1号」を、仕方がないな~という気持ちで登りながら、いい登りしていた。

ルート:「木枯らし1号」NP5.9、「チキンボーン」5.11a/b、「ミステリアス」5.12b/c

1512894744740
「木枯らし1号」結構難しいのに、やるな~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/3 彦根 芹谷屏風岩

11月に、2週連続椿岩に行ったら、家族から疲れた宣言をうけたので、1時間車の移動距離が短い芹谷に向かった。今回の目的ルートは「ミステリアス」。前回数回取付いたのは、2012年。もう5年も経ってもたんか~とびっくりしたが、前回インチキせずに登られなかった下部ボルダームーヴが、何ととまるではないか。もう一回登りたかったが、そうた君がゲーム機を転落させたり、カミさんが、グランドして頭ぶちつけたりのハプニングで時間切れ。ま~、怪我までいかなかったので、よかった。ヘルメットやプリクリップ棒の使用を、考えさせられた。

*小屏風岩で、安八の方々と再会した。グランドの際、ご心配おかけしました。

ルート:「ブラボー」5.10a/b、「チキンボーン」5.11a/b、「ミステリアス」5.12b/c

Dsc_0130
久しぶりの芹谷。アプローチで汗かくと思ったけど、かかなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/11/12 小岐須渓谷 椿岩

今度こそ「Shall We Climb」登って帰るぞ!と意気込んで行ったが、先週思い出したはずのムーヴを、また忘れてしまい、また変な記憶を頼りに登ってしまい、大ブレーキ。落ち込んでしまった。良かったことは、ひかっち夫妻に数年ぶりに会えたこと。旦那さんのmさんが「クライマーにとって、休みはクライミングするためにある」と話しているのが聞こえ、心が洗われる気がした。あと、そうた君が、岩登り、上手になったこと。

ルート:「モンキー・ジャスティス」5.10b、「Shall We Climb」5.12a

Pb120003
とっても嬉しかった。

Pb120004

相変わらず、強いな~

Pb120002
そうた君のメインは、ゲーム。

Pb120006
時には、頑張ります。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/11/4-5 小岐須渓谷 椿岩

連休、忍術村とのセットで、三重に出かけた。リーチがかかっていた「Shall We Climb(5.12a)」に臨むも、昔の記憶にばかり固執して、かえって登れなくなってしまった。記憶ではなく、その時々のムーヴですね。。

4日:忍術村、「アスレチッククラブ」5.9、「モンキー・ジャスティス」5.10b、「マタ・マタ」5.10c

5日:「モンキー・ジャスティス」5.10b、「いい感じ」5.11a、「Shall We Climb」5.12a

Pb040034
手裏剣にはまってた。

Pb040041

さすが、ちびっこ忍者ども。

Pb040045
岩場で、久しぶりに福井チームに会った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧