sawanobori

2016年10月30日 (日)

16/10/16 九頭竜川水系  日ノ谷川支流~猿塚

今年初の沢登りに出かけた。取付き付近は、以前の森林現場に近かったので、懐かしいが湧き起こる。入渓は、大きな滝があるので、一目瞭然。最初の滝を越えると、滝らしい滝は無く、沢登りとしては少し寂しい。帰り作業道を、日の谷川の下部を見ながら下りたが、素晴らしい谷だった。作業道がなければと、悔やまれる。

Pa160127
入渓地点の滝

Pa160064
三角点探しが楽しい


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

15/9/27 日野川水系岩谷川 真の谷

会のmt村さん、t田さん、白鳥のy内さんと、真の谷~三国岳~夜叉ヶ丸~夜叉ヶ池~登山道の沢登り山行に行ってきた。遡行、読図とも易しい沢だった。三国岳から夜叉ヶ丸までは、道が不明瞭。あちこちに、動物が歩いたあとがあるが、それは熊。途中で、熊の巨大なトイレを見た。遡行後ぐるっと縦走して戻る、好きなタイプの山行ができて良かった。そして何より、初めて夜叉が池に行けて嬉しい。

P92700543,4mの滝だが、クライミングで抜ける。

P9270063ナメコが採れた。家に帰って、早速食べた。

P9270069ステミングで抜けた滝。

P9270071
唯一の大滝だった。

P9270079
夜叉ヶ池。ヤシャゲンゴロウを観察して、登山道から下山。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

15/8/23 耳川水系横谷川  荒谷  

オクサマのお母さんが、子供を預かってくれるので、沢登りに出かけた。計画から地形図のコピーまで、オクサマがしてくれ、個人装備だけ用意して出発。気の緩みか、コンパス、高度計付き腕時計を忘れたことに現地で気付く。遡行自体は、迷うところなく問題なかったが、下山で尾根を下りる時、地形図とにらめっこになった。嶺南の沢登りは、コンパクトで楽しい。

P8230040

P8230041

P8230047

P8230050




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

15/7/25-26 真名川水系笹生川  中ノ水谷

会のメンバーで、泊まりの沢登りに行った。ここ一週間、大雨が続き水量も多い。初日、坂見谷出合より750m付近の幕営地までの谷が印象的だった。福井県離れしたゴルジュの造形美に感動する。夜は、たき火を囲み、釣れたての魚や手料理で、酒をたくさん飲んだ。満天の星空の下、野宿でするのは最高だ。寒い朝だったが、清々しい朝を迎えた。二日目、せっかく泊まりで来たので、一番奥の奥アラクラ沢から頂上を目指すことにした。水量少なめの沢だった。水が切れてからの枯滝をいくつも超え、シャクナゲの藪漕ぎで屏風山南峰につく。幾分、藪漕ぎが楽になったが、本峰までは炎天下で汗が噴き出た。下山に利用した東ノ水沢も癒し系で良かった。二日間、楽しい、楽しい山行だった。

メンバー t田、t内敏、mt村、h島、水本

天気 両日晴れ

25日5時間半行動、26日12時間行動

P7250065

P7250076

P7250089

P7260103

P7260113








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 8日 (土)

15/7/12 九頭竜川水系荷暮川  野々小屋谷

よめの沢登りにメンバーが集まらなかったので、ピンチヒッターで参加。野々小屋谷の奥に、1400mを越える山があることを今回まで知らなかった。遡行自体は易しいが、三角点を探すのは易しくない。頂上が県境ではなく、岐阜側にあるのも、行ってみると納得できる。大野からだと手軽な楽しい沢登りだった。

P7120006_2

P7120048




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

15/6/7 耳川水系  ウツロ谷

白鳥のyamさんと沢登をしてきた。入渓後、早々現れた通常巻かれている10m滝の直登は、上部の岩が脆く、ひやひやしたが、その後ロープを出さず、スムーズに遡行できた。

林道発9:00 10分休憩 明王の禿11:50 昼食 林道着13:50P6070029

P6070031

P6070033

P6070034

P6070035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

15/5/10  九頭龍川水系的川  扇谷

hayさんと三人で初めて扇谷を遡行した。簡単だが雪渓が怖いな~と思っていたが、予想通りの展開。半日コースだと思っていたけど、結構時間がかかった。前半部の何ともないところで転んで、肋骨にひびがはいったのに、頑張ってついてきたhayさんに感動した。

メンバー:hay 、kazumi、 mizumoto

遡行時間:7時間半(休憩2回)

1431346146973滝は、なるべく直登。

1431346149474雪渓通過は、アンザイレンした。

P5100020_2雪渓の降り口が滝だったので、高巻き、懸垂下降した。

P5100022
最後の雪渓は、アイスバイルが役にたった。

P5100025hayさん、怪我が治ったら、また山行しようね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

14/11/3 耳川水系  カマノ谷

子供を親に預け、嫁さんの山行に乗っかって、嶺南の沢に出かけた。出しゃばらず、後ろについていくだけと思っていたが、性格なのか、知らない間に先頭に立って出しゃばっていた。すみません。会のshiさんとも今年初めて山行を共に出来て嬉しかった。

Pb030004_01たくましくなったと評判のshiさん。

Pb030008_01稜線は800mとは思えない景色だった。感動。

Pb030009_01寒くて、お馬鹿さんポーズ出来なかった。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

14/9/28 竹田川水系 小倉谷

メンバー hay、ooh、tak、水本

天気 くもり

夕方から仕事のメンバーが混じっていたので、半日コースのだべ谷に行ってきた。なめ床が多く、明るい良い沢だった。

P9280024

こんなナメ床が続く。

P928003415m滝は直登した。嫁さんはフリーソロして、怖かったらしいけど、ここはロープだす所でしょ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

2014/8/3 九頭竜川水系岩屋川  猪倉谷

仕事疲れで、山に行こうか悩んでいたところ、t内さんから山行がないか連絡がきた。行かないわけにはいかない。t内さん、o橋君と3名で7月の例会山行で中止になった猪倉谷に行った。この山域は初めてだったので、嬉しかった。大きな滝はないが、全身使って登る滝が多くおもしろい。通常巻く滝も、すべて直登できて楽しかった。登山道を下りてきてハプニング。車を回して置いたのに、キーを忘れた。嫁さんに予備キーを持ってきてもらう羽目になった。

P8030209全身使っての登りが続く。

P8030221岩が滑りやすく手ごわい。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧